センター内規|グローバル日本文化教育研究センター|関西学院大学

センター内規

(総則)
第1条 この研究センターは、関西学院大学大学特定プロジェクト研究センター制度規程および関西学院大学特定プロジェクト研究センター運用内規のほか、この内規の定めるところにより運営する。
        1. この研究センターの英文名称は、「Global Research Center for Japanese Culture Education」とする。
        2. この研究センターのセンター長兼研究代表者は、中村 哲(教育学部教授)とする。
        3. 研究センターの設置期間は、2014年4月1日〜2017年3月31日とする。
        4. 第3項の研究センター長の任期は第4項の研究センター設置期間とする。
        5. 第3項の研究センター長は、研究センターの業務を統括し、研究センターを代表する。

(目的)
第2条 この研究センターは、グローバル世界における日本文化の発信と創造を担う人材育成を図るカリキュラムと授業の開発・実践研究の推進を目的とする。

(事業)
第3条 研究センターは、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
        1. 研究及び調査
        2. 研究及び調査の成果の発表
        3. 研究会、講演会、シンポジウム、講習会等の企画及び開催
        4. 大学院学生の研究支援
        5. その他研究センターの目的達成に必要な事項

(センター副長・幹事)
第4条 研究センターにセンター長を補佐するセンター副長1名、幹事1人を置く 。
        1. センター副長は、センター長の指名により任命する。
        2. センター副長の任期はセンター長の任期に従う。
        3. センター副長は、センター長の命を受けて、研究センターの業務を掌握し、セ ンター長が欠けた時は、その職務を代行する。
        4. センターの運用を円滑に行うため幹事を置く
        5. 幹事は研究員の中からセンター長の指名により任命する。

(運営委員会)
第5条 研究センターにおける研究を円滑に推進するため、運営委員会を置く。
        1. 運営委員会はセンター長が招集し議事を整理する。

(運営委員会の審議事項)
第6条 運営委員会は次の事項について審議する。
        1. センターの事業ならびに運営の基本方針に関する事項
        2. 研究員の研究および調査に関する事項
        3. 研究員、客員研究員および研究支援者の任免に関する事項
        4. 受託研究の受入れに関する事項
        5. 学外との共同研究に関する事項
        6. 指定寄付の受入れに関する事項
        7. 研究センター予算および決算に関する事項
        8. その他研究センターに関する重要事項

(運営委員会の構成)
第7条 運営委員会は次の委員をもって構成する。
        1. センター長
        2. センター副長
        3. 幹事
        4. 研究センター構成メンバーのうちセンター長の指名する者 若干名

(研究センターの構成員)
第8条 研究センターに、研究員、客員研究員、博士研究員、研究顧問、専門技術員、リサーチ・アシスタント等を置く。

(その他)
第9条 この内規に定めのない重要な事項については、研究センター運営委員会の議を経て、これを定める。
        1. 研究センター内規の改廃については研究推進社会連携機構評議員会の承認を要する。
 
附則  この内規は、2014年4月1日から施行する。
研究センター概要
目的と意義
アクセス

センター内規
研究センター構成員センター長挨拶
構成員

構成員専門研究
研究センター活動センター活動計画・領域
研究活動内容

社会活動内容
研究センター活動例開発教材事例
教育教材事例

国際交流事例
研究センターリンク開発協力機関・学会
研究協力者

研究データベース
Copyright© 2015. Global Research Center for Japanese Culture Education All Rights Reserved .